画像1画像1

WAIWAI Diary ~アトリエY2だより~

創作活動を通じて、出会った人とのコミュニケーションを大切にしながら モノづくりの素晴らしさを伝えて行きたいと思っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

鉛筆の色~デッサンのポイント2~  

学生時代からずっと持っていた石膏像は、
引っ越しの時にさすがに必要ないかなあと思って、
受験生に譲ってしまったのを、今更後悔。
でもマルスボルゲーゼ(石膏像の名前です)と男性の肉体美系だったので、
奥様方には刺激的過ぎるから、手放して正解だったかな…
って思ったりしてます。

デッサンのモチーフに石膏像に似たものがないかなーと探していたところ、
隣の祖父の家を解体した時、植木屋さんが取っておいてくれた瓦が
面白いモチーフになりました♡

最初のうちは、もそもそする鉛筆ダマリをどう使うか分からない人も多いのですが、
石膏像などを何枚か描いて行くと、鉛筆の特性に気付くはずです。
硬質と軟質の鉛筆で、中間色の色味が違ったり、
重ねて塗って行くと表情が変わったりします。
まずは鉛筆の特性を生かせるように、練習していきましょう。

多面体

どのくらい色をつけていいのかな?
陰と物の違いはどう描いたらいいのかな?
という疑問が出てきたら良い進み具合だと思います。

そこで、初歩的な感じもしますが、多面体を使って色塗り作業。
同じように見える面の違いも表現出来るように練習しましょう。

次は円柱→球体と色々試してみたいです!
平面的な画面になってしまうとお悩みの方もちょっとしたことで
あら不思議って具合に奥行きが出てくると思いますよ♪

category: 描くこと

thread: art・芸術・美術 - janre: 学問・文化・芸術

tag: スケッチ  デッサン  鉛筆 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://y2mama.blog14.fc2.com/tb.php/161-3a24b802
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今月のお教室

メールフォーム

FC2カウンター

ランキング参加中

blogram

カテゴリ

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。